2016年7月29日金曜日

ドイツサッカーリーグに所属している卒業生の近況


スポーツマネジメントコース大塚ゼミの卒業生・津川くんから近況が届きました。

在学中は本学サッカー部に所属し、卒業後はドイツでサッカーを続けている卒業生です。
渡独後、9部のバサラマインツでプレーをしています。


津川くんはドイツでのサッカーや生活を以下のように説明してくれました。

「ドイツのサッカーは実力主義なので、日本人だからといって、最初から優しく受け入れてくれるドイツ人選手はあまりいません。だからこそ、バサラマインツでドイツのサッカースタイルやドイツ語・文化を学ぶには最適の場所だと感じています。日本が恋しく思う日々もありますが、ドイツに来て、チャレンジしていることで楽しく過ごせています。」
 

 

海外での厳しい環境の中でも、自身の成長のために、前向きにとらえて頑張っている様子が伺えます。
津川君のように、海外に出てチャレンジする学生を学部としてもサポートしていきたいと思います。

来季からは6部のFlörsheim (フレールスハイム)というクラブに入団が決まったようです。
さらなる活躍を期待しています。